案件を探す


※「売りたい」か「買いたい」のいずれかをチェック。業種・地域・譲渡価格を選んで検索してください!

案件一覧

会員さまは気になる案件をブックマークできます。

日本テクノの
ビジネスマッチング

ご紹介先は当社とお付き合いいただいている信頼できるお客さま

M&A だけでなく、新商品・新サービスの開発を視野に入れた資本提携やホールディングス化、
経営コンサルティングやブランド構築支援、営業代行支援などさまざまな方法でお客さまとお客さまの架け橋となり、
あらゆる可能性をともに考えていきます。

ご提案→[後継者不在・事業承継問題解決][M&A] 手法→[株式譲渡][分割][事業譲渡][合併][業務提携]

さまざまな業種・全国に広がる
ネットワークでお客さまをバックアップ

71,000

日本テクノの契約件数は約71,000件。
GIFT mapではさまざまな業種・地域のお取り引き先企業と、M&Aをはじめ業務提携などをご検討されているお客さまとをマッチングさせ、双方の経営者や従業員の明るい未来のために、あらゆる可能性をともに考えます。

全国に顧客基盤を持つ日本テクノならではのM&Aで、地方同士のマッチングなど、全国展開のお手伝いも可能です。

中小M&Aガイドラインを遵守しています

中小M&Aガイドラインとは

PDFダウンロード

経済産業省が、中小企業におけるM&Aのさらなる促進のため、 2020年3月に策定したものです。中小M&Aガイドラインでは、中小企業がM&Aを躊躇する主な3つの要因をふまえ、M&Aの基本的な事項や手数料の目安を示すとともに、M&A業者などに対して、適切なM&Aを行うための行動指針を提示しています。

2021年8月には、中小M&Aガイドラインの遵守を宣言することを要件とする<M&A支援機関登録制度>が創設され、日本テクノもいち早く登録しました。

制度に登録されたM&A支援機関を利用すると

1. 事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)の補助対象になります。
補助金に関する情報は、当サイトのトピックスにて随時お知らせします。

2. 支援をめぐる問題が生じた際には、中小企業庁の専用窓口が情報提供を受け付けます。
中小企業庁にて受け付けた情報は、情報提供者などが特定されないように留意しながら、不適切事例として他の中小企業者への注意喚起に用いられるほか、提供情報をふまえ、登録M&A支援機関に中小M&Aガイドラインの遵守状況を確認するなど、登録制度の運営に利用されます。

日本テクノは、中小M&Aガイドラインを遵守し
お客さまに寄り添ったサポートをお約束します

小規模事業者のM&Aをメインに

近年は事業承継の手段としてM&Aを検討する企業も多く、売却・買収条件などを登録して希望案件を探すマッチングサイトが急拡大しています。しかし、M&Aを中心となって推し進める金融機関や民間仲介業者は一定規模以上の企業を取り扱いの対象としており、小規模事業者(※)の担い手は少ないのが現状です。日本テクノのGIFT mapでは、中小企業をメインとした電力コンサルティング実績をもとに小規模事業者さまならではのお悩みに応えます。

    ※小規模事業者の定義 製造業:従業員20人以下、商業(卸売り・小売)・サービス業:従業員5人以下

後継者不足が
深刻化しています

  • 2026年頃には

    日本の企業全体
    約381万社のうち
    1/3
    の中小企業が廃業
    の可能性 ※1
  • 2026年頃には

    70歳超の中小企業
    経営者のうち
    1/2
    約127万社が
    後継者未定 ※2
  •  

    2021年の国内の
    M&A件数は1997年の
    6倍
    753→4,280件 ※3
  • ※1,2 出典:平成31年2月5日 「事業承継・創業政策について」(中小企業庁)
    https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/shingikai/kihonmondai/2019/download/190205kihonmondai02.pdfをもとに作成
  • ※3 出典: 2022年度版「中小企業白書」(中小企業庁)
    https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2022/PDF/chusho/00Hakusyo_zentai.pdfをもとに作成
    2018年度版「中小企業白書」(中小企業庁)
    https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/PDF/chusho/04Hakusyo_part2_chap6_web.pdfをもとに作成

今、日本の中小企業では後継者不足が深刻化しています。経営者の高齢化が進み、経営を次世代の
リーダーに託したくても、その後継者がおらず、事業自体を休業や廃業、解散してしまう企業が増えているのです。その解決策として注目されているのがM&Aです。M&Aを実施する企業は年々増加しており、
2017年には20年前と比べると4倍の件数になっています。

日本テクノのGIFT mapではこうした後継者不足の解決策として、ビジネスマッチングサービスをご提供しています。

後継者にお悩みの方はお気軽にお問い合わせください

TEL03-5909-7019

受付時間 9:30~17:00(土日祝日を除く)

M&Aの種類

M&Aの種類

M&Aの流れ

M&Aの流れ

動画でわかる
M&A仲介サービス

M&A仲介サービスの流れを
ステップごとに詳しく解説しています。

動画でわかるM&A仲介サービス

ご利用の流れ

  1. STEP1
    お申し込み

    お申し込み

    個別相談、秘密保持契約の締結、決算書提出および社内審査

  2. STEP2
    サイト登録

    サイト登録

    仲介契約の締結、ノンネームシート・ノンネーム会社サマリーを
    サイトに公開

  3. STEP3
    売り手 ビジネスマッチング 買い手

    GIFT mapのビジネスマッチング

    当サイトで情報収集を行い、相手先企業を選別・検討

  4. STEP4
    トップ面談・企業訪問

    トップ面談・企業訪問

    譲渡などの契約交渉開始
    条件が整えばトップ面談をセッティング

    ご成約

M&Aにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

TEL03-5909-7019

受付時間 9:30~17:00(土日祝日を除く)

ご成約事例

実録 M&Aフィルム調印式の動画とともに、サービス登録からご成約までの流れや
ご成約のポイントなど、動画でご覧いただけます。
NEW
case26

「買う側」から「売る側」に考え方をシフト
相性のよい企業同士の出会いを促した好判断

case23

100 年続く会社を未来へ
従業員を大切に思う両社だからこそ結ばれた縁

case21

航空機部品製造の2代目社長が機械部品製造に挑戦
共同経営で収益を改善し、5年後の引き継ぎをめざす

case20

高品質と納期厳守、そして確かな技術力
高い企業価値をあえて下げることで譲渡成功に賭けた

case19

若い力でグループを牽引してほしい
2年がかりで見つけた最適なパートナー

case16

決め手は直に体験した心やすらぐ宿でのひととき
大切にしてきたおもてなしの心を引き継ぐ

case18

創業以来、社長自ら切り盛りしてきた独自のものづくり
探し求めたバトンの継ぎ手を大阪に見出す

case17

変化著しい印刷関連業で「付加価値」を追求
デジタルイノベーションに挑み新たな活路を見出す!

case15

強みと弱みを補完しあうことでさらなる成長を
双方のステップアップを図れる発展的なM&A

case14

製造業の明るい未来のために!
グループ一体となりさらなる高みをめざして戦いに挑む

case13

60年間で築き上げた技術力。この会社を未来へ残したい
「従業員は宝」と語る経営者兄弟がM&Aを選択

case12

難題を解決するべく実施された友好的M&A
複数株主が所在不明、問題山積のハードルを越える

case11

理念が近しいからこそ実現した迅速なM&A
互いの事業の品質を上げ、幅を広げる

case10

同じ業界の同志として手を取り合う!
一歩踏み込んだ相互関係構築のための資本業務提携

case9

事業継続のためにM&Aを選択、
シナジーによるさらなる成長に期待

case8

事業継続のためにM&Aを選択、
印刷業界での生き残りをかける決断

case7

大阪のモノづくりの灯を絶やさない
既存の事業を取り込み、高付加価値を追求する

case6

長年積み上げてきた技術力と顧客の信頼
受け継ぎ、その先へつないでいく

case5

コロナ禍の先を見据えた攻めのM&A
技術力の向上をめざす

case4

GIFT mapは“寄り添う仲介”
お客さまとの信頼関係がM&A成立に貢献!

case3

50年にわたる経験と知識を託したい
「技術の継承」へ、新たなスタートを切る!

case2

情熱も、技術への誇りも、優秀な従業員も。
丸ごと受け継ぎ、さらなる発展をめざす!

case1

創業180年の歴史を守り、
異業種との共同事業でのれんを未来につなぐ

日本テクノ
ビジネスマッチングの特長は、
お客さまと
お客さまをつなぎ
相乗効果を生み出すことです

当社が提供するビジネスマッチングサービスは、お付き合いの深いお客さまとともに、新しい価値を探す目的でスタート
しました。仲介業務は資産査定など専門的でシビアな立場が求められますが、企業には経営指標だけでは判断できない経営者の思いなど複雑な事情が絡みます。私たちはそうした事情を考慮して、トップ同士の価値観を見極め「さまざまな物語」を描き、「人と人を結びつけていくこと」をなによりも重視しています。双方の利益を最大化し、統合後の成長戦略を促進させるアドバイザリーをめざします。

M&Aなどのビジネスマッチングにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

TEL03-5909-7019

受付時間 9:30~17:00(土日祝日を除く)

ビジネスマッチングコラム

飛耳長目ビジネスマッチングやM&Aに関する情報を掲載しております。
お役に立てる情報になれば、幸いです。
NEW
vol.45

第三者割当増資とは

2024.5.8

第三者割当増資とは、特定の「第三者」に対して対象会社の発行する新株を…

第三者割当増資とは、特定の「第三者」に対して対象会社の発行する新株を「割り当て」て「資本金を増やす」手段です。第三者は法人・個人を問わず、既存の株主にも割り当てができます。

vol.43

アドバイザー達のダイアリーノート

2024.4.10

会長とお会いしたのは、電気保安の営業としてその会社を担当していた時だっ…

会長とお会いしたのは、電気保安の営業としてその会社を担当していた時だった。長くお付き合いさせていただいていたので、気を許されたご様子で今後事業を続けることへの不安を打ち明けられた。

vol.43

人材確保のためのM&A

2024.3.19

多くの中小企業では、人手不足が大きな問題になっています。採用の募集を…

多くの中小企業では、人手不足が大きな問題になっています。採用の募集をしても応募者が来ないことが多いほか、なんとか採用できたとしても一人前に成長させるまでには多くの時間とおカネがかかります。

vol.41

アドバイザー達のダイアリーノート

2024.2.14

「とてもじゃないが会社売却なんてできる経営状態ではない。あらゆるM&A…

「とてもじゃないが会社売却なんてできる経営状態ではない。あらゆるM&Aスキームを視野に入れて幅広く提案していかなければならないだろう」

vol.41

M&Aアドバイザーの現場雑観④

2024.1.4

MさんとAさんが出会って結婚するM&A物語。今回は、その物語に出て…

MさんとAさんが出会って結婚するM&A物語。今回は、その物語に出てくる両者仲人をするM&Aアドバイザーのお話だ。

vol.40

M&A アドバイザーの現場雑観③
ルパンの仕事

2023.12.27

「ルパン」と聞くと、多くの人は人気アニメに登場する天下の大泥棒「ルパ…

「ルパン」と聞くと、多くの人は人気アニメに登場する天下の大泥棒「ルパン三世」をイメージするのではないだろうか。

vol.39

アドバイザー達のダイアリーノート

2023.11.22

「後継者不在でM&Aに興味をもっている印刷工場がある」と電気保安の営業…

社長と初めて会ったのは、廃業を決めて個人なり※する名義変更のときだった。社長は「後継者不在でM&Aに興味をもっている印刷工場がある」と電気保安の営業担当から依頼があり、印刷工場へ訪問した。

vol.38

アドバイザー達のダイアリーノート

2023.10.25

社長と初めて会ったのは、廃業を決めて個人なり※する名義変更のときだった…

社長と初めて会ったのは、廃業を決めて個人なり※する名義変更のときだった。社長は覇気がなく愚痴をこぼしながら書類を受け取った。

vol.37

M&Aの譲渡価額1円 “備忘価額”とは

2023.9.13

M&Aの株式譲渡価額は、通常、現在の資産価値や将来のキャッシュフロー…

M&Aの株式譲渡価額は、通常、現在の資産価値や将来のキャッシュフローを見越して算出した会社の株式価値です。

vol.36

中小企業の事業承継におけるデジタルスキルの壁

2023.8.16

昨今、世の中ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれ、デ…

昨今、世の中ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれ、デジタルスキルの求められる時代になっています。

vol.35

“M&Aで会社を売却”売手社長のその後

2023.6.28

M&Aをした後、売手社長は買手に会社を引き渡したら会社から直ちに身を…

M&Aをした後、売手社長は買手に会社を引き渡したら会社から直ちに身を引かなければならないと思われるかもしれませんが大体はそうなりません。

vol.34

非上場会社の自社株買い

2023.4.12

自社株買いとは、会社が自ら発行した株式を株主から自己資金で買い戻すこ…

自社株買いとは、会社が自ら発行した株式を株主から自己資金で買い戻すことです。通常、企業は主に資金調達を目的に株式を発行しますが「自社株買い」はその逆の動きになります。

vol.33

アドバイザー達のダイアリーノート...

2023.3.8

夕刻、薄明かりの付いた小さな町工場へ飛び込んだ。すでにその日の稼働を…

夕刻、薄明かりの付いた小さな町工場へ飛び込んだ。すでにその日の稼働を終えて従業員が帰宅の準備をしているところだった。社長は不在という事で、名刺と簡単な案内資料が入った封筒を社長へお渡し

vol.32

経営者保証の現状と課題

2023.2.22

株式会社の原則「株主有限責任の原則」について解説いたします。中小企業の現状は…

株式会社の原則「株主有限責任の原則」について解説いたします。中小企業の現状はどうなっているのでしょうか。また、事業承継に与える影響についても記載しています。

vol.31

会社の所有と経営の分離

2023.1.4

会社を起業し成長させるには、資本力と高い経営能力が必要です。しかし…

会社を起業し成長させるには、資本力と高い経営能力が必要です。しかし、その両方を獲得するのは容易ではありません。

vol.30

ノンネームシートで優良なお相手を引き寄せる

2022.11.22

「ノンネームシート」とは、M&Aの対象企業が特定されないように企業名を…

「ノンネームシート」とは、M&Aの対象企業が特定されないように企業名を伏せて作成される簡易的な企業概要資料です(基本的にM&A仲介会社を利用する場合は、仲介会社がノンネームシートを作成します)。

vol.29

M&Aの裾野が拡大している

2022.10.12

M&Aは大企業や上場企業がするものと考えられていましたが、最近では中小…

M&Aは大企業や上場企業がするものと考えられていましたが、最近では中小企業のM&A、小規模M&A、スモールM&Aという言葉も聞くようになり、身近な存在となりました。

vol.28

M&Aで株式譲渡を進めていくには

2022.9.21

中小企業におけるM&Aの株式譲渡は、発行済株式すべてを譲渡するのが一般…

中小企業におけるM&Aの株式譲渡は、発行済株式すべてを譲渡するのが一般的です。それは、株式を100%保有していれば、一点のくもりもなくすべての意思決定ができるからです。

vol.27

デューデリジェンス(DD)とは

2022.6.1

デューデリジェンス(Due Diligence:DD)とは買収監査のことで、 買手…

デューデリジェンス(Due Diligence:DD)とは買収監査のことで、 買手(譲受)企業と 売手(譲渡)企業との間で基本合意契約が締結された後に実施されます。

vol.26

人材は資本であり企業価値を高める

2022.4.13

ヒト、モノ、カネの経営資源と世間では言われています。順番は、”ヒト”から始…

ヒト、モノ、カネの経営資源と世間では言われています。順番は、”ヒト”から始まります。この点からもヒトに対する優先順位が高いことがわかります。

vol.25

赤字企業や債務超過企業もM&Aできる

2022.3.23

会社をM&Aで譲渡したい場合は、財務状態が良い会社と悪い会社ではもちろん…

会社をM&Aで譲渡したい場合は、財務状態が良い会社と悪い会社ではもちろん良い会社の方が譲渡成立がしやすく、悪い会社はマッチングの難易度が高くなるのは当然です。

vol.24

M&Aアドバイザー達のダイアリーノート
ズバ抜けた『絞り技術』をもつ金型屋(下)

2022.3.2

新型コロナウイルス感染症がパンデミックを起こして世の中は一変してしまっ…

新型コロナウイルス感染症がパンデミックを起こして世の中は一変してしまった。社会経済活動が深刻なほど停滞している。

vol.23

見えない資産価値

2022.2.16

財務諸表は、主にステークホルダー(利害関係者)に対して企業の状態を知ら…

財務諸表は、主にステークホルダー(利害関係者)に対して企業の状態を知らせるために作成され、企業の財政状態や経営成績を見ることができます。

vol.22

M&Aアドバイザー達のダイアリーノート
ズバ抜けた『絞り技術』をもつ金型屋(上)

2022.2.2

北関東のある金属部品金型製作工場の社長夫人から電話があった。「日本テク…

北関東のある金属部品金型製作工場の社長夫人から電話があった。「日本テクノからのメールマガジンを拝見して、うちも会社を売りたいので一度相談したい」とのことだった。

vol.21

秘密保持の重要性

2022.1.5

M&Aは”秘密保持にはじまり、秘密保持におわる”といわれるほど、最高レベル…

M&Aは”秘密保持にはじまり、秘密保持におわる”といわれるほど、最高レベルでの秘密保持が必要です。情報はまさに極秘でありトップシークレットの扱いとなります。

vol.20

M&Aアドバイザー達のダイアリーノート
品質重視の精密板金加工業

2021.12.15

創業から30年が経った。小さい会社だが、顧客の信頼も厚く受注も安定して…

創業から30年が経った。小さい会社だが、顧客の信頼も厚く受注も安定している。その会社の社長から「あとつぎがいないので会社を畳もうか悩んでいる」という相談があった。

vol.19

基本合意書(MOU)の締結は婚約と同じ

2021.11.10

基本合意書とはMOU(Memorandum Of Understanding)などとも呼ばれる、最…

基本合意書とはMOU(Memorandum Of Understanding)などとも呼ばれる、最終契約書にいたる前の協議交渉の過程で、一旦合意するために締結する覚書です。

vol.18

M&Aアドバイザーの現場雑観②
コロナだからこそ攻めのM&A

2021.10.13

新型コロナウイルス感染症の拡大から1年半以上が経ちますが、ニューノーマル…

また、コロナだけではなく、近年では自新型コロナウイルス感染症の拡大から1年半以上が経ちますが、ニューノーマルが定着するなかで価値観の変化とともにライフスタイルも大きく変わったのではないでしょうか。

vol.17

M&Aアドバイザーの現場雑観①
理論と情緒の両極端

2021.9.8

わたしは日々M&Aをご成約までサポートすることを仕事としていますが、アドバ…

わたしは日々M&Aをご成約までサポートすることを仕事としていますが、アドバイザーがどんなに専門知識をもっていても、それだけでは成功に導くことはできません。

vol.16

廃業するにも手間とお金がかかる

2021.7.21

わが国の事業者数はおよそ400万社といわれます。新型コロナウイルスの感染拡大…

わが国の事業者数はおよそ400万社といわれます。新型コロナウイルスの感染拡大などの急速な外部環境の変化・競争環境の変化、後継者不在という根底にある大問題のなか、127万社もの事業者が廃業予備軍だと言われています。

vol.15

国策によるあとつぎ問題解決

2021.6.30

経営者の高齢化による“あとつぎ問題”は、わが国の深刻な問題です。現在、後継…

経営者の高齢化による“あとつぎ問題”は、わが国の深刻な問題です。現在、後継者不在について悩む経営者は、誰に相談してよいかわからず孤独を感じているかもしれませんが、日本全体でも同じことで悩む経営者が数多くいます。

vol.14

最終成約は結婚における入籍

2021.5.26

これまでM&Aのイベントを"トップ面談はお見合い"、"ご成約式は結婚式"とM&A…

これまでM&Aのイベントを"トップ面談はお見合い"、"ご成約式は結婚式"とM&Aを結婚にたとえてきました。

vol.13

会社の価値と評価方法

2021.4.21

M&Aにおいて最も重要な会社の譲渡価格は、会社の価値そのものと評価方法を理…

M&Aにおいて最も重要な会社の譲渡価格は、会社の価値そのものと評価方法を理解していなければ決められません。

vol.11

株式譲渡の流れ

2021.2.2

M&Aのスキームの1つに「株式譲渡」があります。株式譲渡とは、言葉の通り株主…

M&Aのスキームの1つに「株式譲渡」があります。株式譲渡とは、言葉の通り株主が自身の保有する株式を売ることをいいます。

vol.10

トップ面談はお見合い

2021.1.6

M&Aを実行する場合、仲介会社やアドバイザリー会社に依頼し、候補先企業のリ…

M&Aを実行する場合、仲介会社やアドバイザリー会社に依頼し、候補先企業のリストから1件1件精査して交渉を進めたい企業を見つけます。そして双方が納得すると、トップ面談が行われます。

vol.9

感動の調印式

2020.12.29

M&Aの最終譲渡契約を締結するときには、調印式を執り行います。調印式は結…

M&Aの最終譲渡契約を締結するときには、調印式を執り行います。調印式は結婚式にたとえられるほど、とても大事な行事です。スムーズな統合を推し進める上でも非常に重要です。

vol.8

M&Aで何を譲渡するのか

2020.12.4

M&Aと聞くと、会社を売る、会社を買う、ということが頭に浮かびます。しか…

M&Aと聞くと、会社を売る、会社を買う、ということが頭に浮かびます。しかし、会社を売るとは、いったい”何を”売ることなのでしょうか。会社を買うとは、いったい”何を”買うことなのでしょうか。

vol.7

はじめの一歩

2020.10.21

日本でどのくらいの企業がM&Aを経験しているでしょうか。日本の総事業者数が…

日本でどのくらいの企業がM&Aを経験しているでしょうか。日本の総事業者数が約400万社といわれるなかで、公表ベースでおよそ4,000社といわれています。

vol.6

push型のお相手探し

2020.9.10

仲介会社に登録したけど…
M&Aを行うために仲介会社に登録して…

仲介会社に登録したけど…
M&Aを行うために仲介会社に登録しても、登録型ですと条件に合う候補先が現れるまで待っている状態になります。

vol.5

M&Aによる効果と注意点

2020.7.25

売り手側にとっても買い手側にとっても最良のパートナーを見つける“友好的な”M…

売り手側にとっても買い手側にとっても最良のパートナーを見つける“友好的な”M&Aを行うためには、M&Aの効果と注意点を把握しておくことが大切です。その効果と注意点を簡単に紹介します。

vol.4

マッチングの確率を上げるには
どの仲介会社を選ぶのかが分かれ道

2020.6.25

新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな業種に影響が出ています。影響…

新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな業種に影響が出ています。影響を受けている企業のなかには廃業をしたり、事業譲渡や会社売却を考えたりする経営者、すなわちM&Aをお考えの経営者の方もいらっしゃるかと思います。

vol.3

大廃業時代へ突入
理由は少子高齢化

2020.6.1

日本経済は、新型コロナウイルスの感染症拡大の影響により大きな打撃を受けてい…

日本経済は、新型コロナウイルスの感染症拡大の影響により大きな打撃を受けています。1990年代のバブル崩壊、2008 年のリーマンショックなど、今までにも経済危機は度々訪れました。

vol.2

自社の株価はいくらなのか

2020.4.24

最近、経営者の方々から自社の株価に関する相談が増えています。自社の株価とは…

最近、経営者の方々から自社の株価に関する相談が増えています。自社の株価とは自社の価値であり、すなわち会社を譲渡する際の価格のことです。

vol.1

事業承継問題、解決の一助に
「GIFT map」でビジネスマッチング

2020.4.15

当社は、電気に関する総合サービスの提供を主な事業としています。設立から約25…

当社は、電気に関する総合サービスの提供を主な事業としています。設立から約25年がたち、2019年10月現在で5万8000件を超える企業様と取引させていただいています。

トピックス

提携企業

  • NBCコンサルタンツ株式会社 NBC税理士法人 ソリッド株式会社 株式会社NIコンサルティング 株式会社第一経理 株式会社スピードM&A 株式会社M&Aナビ 株式会社ミナト
  • バディーズ株式会社 SBAパートナーズ株式会社 ピナクルTTソリューション株式会社 株式会社フォーナレッジ tetote行政書士法人 株式会社アビーナリーネクスト ダミー ダミー

GIFTシリーズについて

お客さまとお客さまをつなぐ
GIFTシリーズ

当社サービスをご利用いただいているお客さまへの「GIFT」

当社では、当社サービスをご利用いただくお客さまを定期的に訪問・ご連絡しています。私たちはこれをGIFT=お客さまへの贈り物と呼んでいます。当社はその「GIFT」をさらに発展させ、お客さまとお客さまをつなぐ「GIFTシリーズ」として展開しています。お客さまの商品をPRする場の提供をはじめ、当社が発行するポイント数に応じてギフトと交換いただける総合ネットショッピングモール、…

当社では、当社サービスをご利用いただくお客さまを定期的に訪問・ご連絡しています。私たちはこれをGIFT=お客さまへの贈り物と呼んでいます。当社はその「GIFT」をさらに発展させ、お客さまとお客さまをつなぐ「GIFTシリーズ」として展開しています。お客さまの商品をPRする場の提供をはじめ、当社が発行するポイント数に応じてギフトと交換いただける総合ネットショッピングモール、お客さま同士の情報交換・ビジネスマッチングサービスをご提供しています。当社と企業さまがともに発展する新しい事業のカタチです。

ページトップへ